書道塾 継未-TUGUMI-

 

書は古来より念いを刻むものでした。相手に念いを伝えるために手紙を書き、その文字が書として後世に継いでいかれました。書を書く行為とは、自分の念いと向き合う「内観」を通じた「伝える」いとなみです。

日々、SNSやメッセージだけになってしまっている。
毎日仕事や家事におわれてしまって、自分と向き合う時間が取れなくなってしまっている。
ぜひ、継未-TUGUMI-で「内観」する時間を持っていただければと思います。

「錬」

錬とは「つみかさね」。
つみかさねることで 体の一部になっていく感覚。
手本+書きたい言葉の両方を錬成することで文字を刻む楽しみを感じとることができます。
できなかったことが できるようになる楽しみ。 それが「錬」です。

 

• 月謝制 1回/2時間
• 一般(18歳以上)
3,000円/回 

   学生:2,000円/回

 ※月に複数回の受講可能です。

• 毎月課題+好きな文字を練習。漢字、かなを各級に応じて練習。
(個々人に合わせた錬成内容となります。)
• 2ヶ月毎(奇数月)に1度昇級試験あり
• 漢字または仮名で5級以上の場合「極」にて師範取得可能

「極」

書の道を極める。
生涯の趣味として 書家として アーティストとして多くの人々に書を継ぎ、 世界に書を継ぐ。
「継未」の皆さんと、一緒に登る山でありたい。

 

• 師範資格取得可能
• 1回/2時間
• 4,000円/回(月に複数回受講可能です。)
• 漢字、仮名の昇段試験にて段位認定、師範認定の上、最終的には継未の開塾が可能です。

• 昇段試験は2ヶ月毎(奇数月)に行っております。

   指定範囲を揮毫の上、ご持参いただき検印を取得後、格段の課題を揮毫・提出いただきます。
• 検定は楷書・行書・草書・隷書・仮名のどれからでも履修可能です。

 昇段には格段の対象範囲の揮毫・提出が必須となります。
• 昇段試験は各書体ごとに200円の検定料が必要となります。

• 法帖は各自インターネットや書店でのご購入となります。

Workshop

「刻」
誰の作品なのか、それを示すのが落款。
その代表的な印を自分で制作する楽しみ。

 

「雅」
身近な書。 それはインテリア。
扇、団扇、ランプシェード、フォトフレーム、額、短冊・・・
あらゆる場所であなた自身の作品に触れられる楽しみ。
様々な素材であなたのLife styleに書を取り入れてみませんか?

 

「利」
装いは美。 よそいきの佇まい。
芳名、賀状、御礼状・・・ そんな佇まいをほんの少しよそいきに。

 

「歩」
街は文字であふれている。
そんな文字街の中に点在する書を線で結ぶ。
歴史の流れに交差する、人と書の息づかいを自分たちの足で、自分たちの目で、自分たちの肌で感じる。
美術館、墓石、看板、寺社御朱印等、フィールドWorkshop