PROFILE

MAEDA KAMARI  マエダ カマリ

​一般社団法人 継未-TUGUMI- 代表、書家

 

5歳より書を始め、東京学芸大学 教育学部 書道教員養成課程を卒業。

卒業後は書団体には所属せず、独立書家として活動。
大学卒業後、阪神・淡路大震災を機に「つながる」ことの重要性を意識して携帯電話販売会社へ就職。2000年に携帯電話が普及してきたのを見て通信会社へ転職。
2010年にソフトバンクアカデミアに第一期生として所属し、初年度首席の成績を修める。
2014年に独立起業し、書道塾 継未-TUGUMI-を設立。
書道塾の経営、作品制作、個展、Work Shop等を通じて日本の伝統文化である「書」を未来を担う子ども達へ、そして世界へ継いで行く事を志として刻み続ける。

また、ソフトバンクアカデミアの実績より、新たな念いの表現ツールとしてプレゼンテーション講師も行う。

 

Concept

書は刻む事である。
遥か太古の昔、人類は文字を骨に刻んでいた。 刻む事がその原点である。
その後、用具は変遷しながらも、洋の東西を問わず「書く」ことは実用として営まれてきた。
そして、現代はテクノロジーの進化で、人類は「書く」ことから「入力」することに推移しつつある。 
「書く」ことの本質は刻む事。 
それは、その時の心の揺れや念いを文字として書き留める事。私は刻み続ける。

 

Background

書を始めたきっかけは、両親の影響が強い。 
大正生まれの私の両親は、当時の世情もあり文字が書けなかった。
我が子に同じ不憫な想いをさせたくない一念から、書を学ばせてくれた。
現在、人類はテクノロジーの進化で「書かない」世界へ移行しつつある。 
私は、この世界に「書く」ことの価値を改めて見出して行きたい。
次の世代へ、未来へ、「念いを刻む」ことを伝えていく。

 

 

 

MAEDA KAMARI

 

Calligrapher

 

Started learning calligraphy at the age of five, and graduated from Course of Calligraphy education, Tokyo Gakugei University.

Continue to write calligraphy, a traditional part of Japanese culture, through works, private exhibitions and work shops, with the aspirations to connect calligraphy to the future going to globalization and to the children responsible for the future.

 

Concept

 

To write calligraphy is "to engrave" calligraphy.
Since primitive times, mankind has engraved the character to animal bones. Engraving is the origin of calligraphy.
Then, "to write" words has been carried as the practical function in the East and West, while the tools went through transition.
Today, the evolution of technology makes the trend of calligraphy from "to write" to "to input" words.
Essence of "to write" is "to engrave".
And it is to write down the movement of our mind and thoughts as a character.
I'll keep engraving them,
as calligraphy.
and as Wood Print.

 

Background

I started learning calligraphy because I was strongly influenced by my parents.
As they were born during the Taisho era, they couldn't write words except their name, some Chinese numeral and Katakana because the literacy education in japan was not enough at the time. 
They gave me the opportunity to learn calligraphy because they didn't have their child annoyed with painful experience like them any more.
Today, we’re passing into the world of "not write" words.
I want to find the value of "write" words again that used to be.
And I will keep engraving calligraphy to convey "to write" to next generation, and to the future.